マカの効果はインカ帝国のころより評価されています

マカはアブラナ科の植物で、南米のペルー原産の多年生植物です。標高4000mにも及ぶ高い場所で、年間の平均気温は7度、昼夜の寒暖差が30度以上にもなる過酷な環境です。
ペルーの高山地帯に住む人々に、数千年以上も前から利用されてきた栄養価の高く、球根の部分にアミノ酸やミネラルなど多くの栄養を含んで滋養強壮食として用いられています。

マカの成分、栄養素と期待できる効果

マカはだいこんやカブと同じアブラナ科の植物で、球根の部分にアミノ酸やミネラルなど多くの栄養を含んでいる根菜です。中でもたんぱく質が豊富に含まれて、タンパク質を構成するアミノ酸のうち、アルギニンのような必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。良質のアミノ酸をバランスよく含んでいるので、疲労回復や滋養強壮に効果が期待できます。
さらに、マカには食物繊維やミネラル、ビタミンのほか、アントシアニンやサポニンなど、多くの栄養成分が含まれて健康維持や美容、老化予防、老化病や生活習慣病などの病気の予防改善、身体の健康食品として利用されています。

マカは女性には嬉しいグルコシノレートやステロールといった二次性代謝物や女性ホルモンのエストロゲンのように作用する植物エストロゲンが含まれています。

植物性エストロゲンとは

植物性エストロゲンは、フィトエストロゲンとも言われる、ポリフェノール(植物天然物質)の一種です。
植物性エストロゲンは・豆類(大豆、いんげん豆、えんどう豆など)に多く含まれています。女性は豆腐や納豆を多く摂りましょうと言われているのはここことからです。

植物性エストロゲンは、エストロゲンの代わりとしてではなく、エストロゲン作用の調節機能もあります。
血中濃度のエストロゲンの値が高い女性には、エストロゲンの作用を抑制するはたらきをしますが、閉経前後などでエストロゲン値が低すぎる場合には、エストロゲン作用が強くなるようにはたらきます。
このようなエストロゲン調節機能により、プレ更年期の予防改善、乳がん予防、骨粗そう症予防、更年期障害の緩和などの効果が期待できるのです。

マカの効果として植物性エストロゲンの働きがあるということは

 

サイトマップ

クレジットカ―ド 初心者